腰の構造

腰の構造

 では、ここで腰の構造について見てみましょう。
私たちの背骨は横から見ると緩やかなS字ラインになっており、
椎体という骨のブロックが24個積み重なって成り立っています。

 

上から頸椎(7個)、胸椎(12個)、腰椎(5個)となっています。
さらに、その下に仙骨、尾骨があります。そして、それぞれの椎体の間に椎間板というクッションが入っており、
衝撃を吸収してくれています。そして、そのまわりに何層にもわたって様々な筋肉があります。

 

主なものに大腰筋や腸骨筋などの筋肉があります。
これらの筋肉は最近話題になっているインナーマッスルと呼ばれるものでもあります。

 

これらの筋肉は、太ももを持ち上げる、背骨の自然なS字ラインを支える、
お尻の筋肉を引き上げる、骨盤の位置を正常に保つ、などの働きをしています。

関連ページ

腰痛の原因
腰痛の原因