効くか効かないかはまだわかっていない

効くか効かないかはまだわかっていない

 さて、グルコサミンとコンドロイチンがどのようなものかは見てきました。
軟骨に存在しているのは事実です。

 

しかし、口から摂ったからといって、軟骨成分が豊かになるかどうかはまだ未知の世界です。
なぜかというと、軟骨は間接液から栄養を得ているのですが、
この間接液を調べるのはとっても負担がかかる大掛かりな検査なのです。

 

なので、よっぽどの病気でもないかぎり調べることはありません。

 

また、両者の基本構造を見てみると、グルコサミンはブドウ糖、コンドロイチンは乳糖となります。
日本人には乳糖不耐症の人が8割近くいるとされており、その場合コンドロイチンは消化されずに排出されてしまいます。

 

グルコサミンの方は吸収されます。ただ、軟骨に効くかどうかはわかっていないのです。

関連ページ

グルコサミン
グルコサミンについて
コンドロイチン
コンドロイチンについて
同物同治
同物同治