コンドロイチン

コンドロイチン

 コンドロイチンは、全身に存在していますが、20歳くらいをピークに生成能力が落ちていきます。
コンドロイチンはグルコサミンから生成されており、タンパク質と結合して、
体内ではコラーゲンとともにいたるところに存在しています。とくに軟骨に多く存在しています。

関連ページ

グルコサミン
グルコサミンについて
効くか効かないかはまだわかっていない
効くか効かないかはまだわかっていない
同物同治
同物同治